女の人

シミ取りをするなら美容外科と皮膚科のどちらがいいのか考えよう

治療の流れ

医者と看護師

シミに悩む多くの方がシミ取りの治療法としてレーザー治療を選びます。なぜシミ取りとしてレーザー治療が選ばれるのかというとそれにはいくつかの要因が挙げられます。まず、レーザー治療には時間がかかりません。一度の施術にかかる時間としては治療部分にも関係しますが10分から15分程度で行なうことができるとされています。治療時間がここまで短いと仕事の合間に通うこともできますし、忙しい方でも十分に行える時間といえます。次に治療の効果が要因として考えられます。レーザー治療はシミの原因であるメラニン色素に作用しますので、根本からシミを除去することができるのです。スキンケアなどでは徐々に作用していくのですが、レーザー治療では即効性があるので効果を目に見えて実感することができるのです。また、薄いシミの場合なら一回の治療で済むことが多いので手軽にシミ取りを行なうことができるのです。また、シミ取りで行なわれるレーザー治療は皮膚にダメージを与えにくい治療になるため患部が痛くなったりすることもないのも多くの方に選ばれる要因と考えられます。こうした理由からシミ取りにレーザー治療が選ばれているのです。時間もかからず効果もすぐに表れ、痛みもないというメリットがレーザー治療の特徴といえます。
シミ取りで行なわれるレーザー治療はどのような流れで行われているのか調べておくといいでしょう。一般的な美容外科ではまずシミの状況を確認するために問診から始めることが多いです。問診ではいつからできてきたのか、色合いや大きさ、できた場所などを聞いています。もしこういった問診を他の誰かに聞かれたくない場合ならあらかじめ相談をしておくことで問診票というシートで記載することができます。問診票なら会話も聞かれることがないので不安もなくなるでしょう。またこの問診と同時期にカウンセリングも始まります。カウンセリングでは、シミに対してどのような治療するのかといった説明からできたシミの状態、治療の日程などの相談を行なうことが可能です。カウンセリングも終わり、レーザー治療を始める時はあらかじめ皮膚をケアするクリームやジェルなどを用いて患部を刺激しないように行なうことが多いので治療自体に耐え難い痛みが生じることはないです。しかし、シミ取りの場所によっては肌を刺すような痛みがでてくることがあるのでこの場合には治療を行なう担当の先生に遠慮せずにいうと痛みを緩和するための対処を行なってくれます。こうした流れで治療が行われ、無事に完了するとシミも消えていくのでぜひ試してみてはいかかでしょうか。